26歳、異業種からの転職。若いのになぜ好きな仕事に就けないのか
フードビジネスサービス食品と外食専門転職/商品開発 メニュー開発 食品営業 品質管理 栄養士 マーケティング バイヤー パティシエ 菓子  給食調理 店長 香料
フードビジネスサービスINDEX
フード業界求人情報
仕事ガイド
成功者ファイル
会社案内
サイトマップ
Q&A

26歳、異業種からの転職。若いのになぜ好きな仕事に就けないのか

26歳は、初めての転職を考えられる方が多い年代のようです。
社会人としての基礎を身に付けた上で、「大好きな食」の業界へ異業種からの転職を希望されるケースです。

外食、飲食チェーンの接客サービス、販売職などは、学生時代にアルバイトなどの経験があればスムーズに就けます。
しかし多くの場合、おそらく商品開発、マーケティング、企画販促等の仕事を希望されるのではないでしょうか。
この職種は経験がない方、また特に女性には魅力的に映るようです。

結論としては、全く無理ではありませんが、素養の確認と下記のような努力を行っているかを確認してください。

□ 農学部・食品学・栄養学などの出身 
□ 仕事以外の時間を、希望する仕事の為に如何に活用されているか
□ イメージした商品のプレゼン能力
□ ポートフォリオ・作品・資料
□ コミュニケーション能力が他の方より高い
□ PCスキル(Word Excel Powerpoint 他)
□ 3年程度の経験者(=同年代の新卒入社者)に、努力で追い越すほどの情熱

以上、4個程度に該当するようでしたら、可能性は高いと思います。

企業が中途採用する条件は、人柄・実績・経験を見ます。
よって実績のない異業種出身者の方は、年齢、前職の仕事内容、バランス感覚などを見られますので、上記のようなプラスアルファの努力とアピールが重要となります。



Q&A一覧次の質問前に戻る | 食品産業と外食の求人情報 | INDEX