転職成功ガイド/ 商品開発  食品営業 パティシエ メニュー開発  品質管理 管理栄養士 製菓製造 マーケティング バイヤー 店長  菓子 香料 店長 人材紹介会社
フードビジネスサービスINDEX
フード業界求人情報
仕事ガイド 成功者ファイル 会社案内 サイトマップ
Q&A

フードコーディネーター

転職に有利な資格 知識

フードコーディネーター1・2・3 級 栄養士 調理技能 原材料・備品の受発注・管理 食品・原材料の知識、プレゼンテーション能力 VMD 撮影・デザイン力 商品企画力


フードコーディネーターの仕事と転職条件

フードコーディネーターは、本来は「食のゼネラリスト」です。川上から川下までの食品原料、原材料知識から商品企画、プロモーション、レシピ作成、調理、テーブルコーディネート、写真撮り、イベント企画開催までと、多岐にわたります。
現在、メディアやネット通販やカタログ通販などマーケットの拡大と共に専門職としてのニーズはあります。 しかしながら、それらのスキルは食品、外食企業の企画、開発で頑張っている方にとっては、ごく一般的なスキルとも言えます。フリーランスのコーディネーターに委託した場合、効率的に商品化までのアドバイスを行って仕事を進めてくれるメリットは多いようですが、フリーで仕事を得るには当然ながら、経験・実績と共に卓越したセンス、そして人脈が必要です。
食の業界で勤務し、活躍して実績をの残した結果が、フードコーディネーターという稀少なタイトルとなります。現状は「フードコーディネーター」としての求人も少なく、スクールや教室を卒業しただけでは即戦力としての採用は厳しいのが現実です。この資格は、あくまで知識の一つとしての認識が望ましいでしょう。