フード業界(食品業界・外食)転職の悩み相談|転職支援フードビジネスサービス

フード業界の市場規模、マーケットについて

フード業界は、コロナ禍4年目となり「5類」に移行してから行動制限が解除へと進み、 人流が戻り、年間を通して外食回復基調が継続したことで、全体売上は前年比115%に推移しております。食品製造業、外食産業といった食品産業全体の市場規模は約110兆円で、全産業の11%を超えています。そのうち外食産業は約30兆円前後で推移しています。
社員数10人以上の事業所を産業別構成比では、フード業界は14%を占めています。
(「農林水産省・工業統計調査」/経済産業省調査/日本フードサービス協会より)

フード業界の業種・業態の分類については、様々な考え方があります。食材の消費形態で比較すると
’清函Φ業から素材をそのまま消費者が口にする“非加工経路”
何らかの加工を施したものを消費者が口にする“加工経路”
消費者が自ら飲食店や宿泊施設に出向き食べ物を口にする“外食経路”(中食も含まれます)の3つの経路に分類されます。
これらの市場規模を比較すると、非加工経路18%、加工経路52%、外食経路30%となります。


Q&A一覧次の質問前に戻る |


 職種別・厳選転職情報の検索
商品開発 メニュー開発 | マーケティング 商品企画企画 販売促進 食品営業バイヤー 購買エリアマネージャーSV店長 マネージャー栄養士 管理栄養士品質管理 品質保証製造生産
技術 設備保守
パティシエ 製菓 ブーランジェ|店舗開発 立地開発洋食調理 フレンチ|病院 学校社員給食 和食デザインSE 設計施工| 講師 教育トレーナー総務 人事 経理管理職 経営幹部