フード業界への転職に最適な方法とは
フードビジネスサービスの転職質問悩み|商品開発 メニュー開発 品質管理 食品営業 栄養士 パティシエ バイヤー 菓子 製菓 給食 調理師 バイヤー マーケティング フレーバー 香料



フード業界への転職に最適な方法とは

転職方法は人材紹介会社以外にも、求人誌、ネット広告、ハローワークまで色々な方法があります。

転職とは会社を移ることでなく、キャリア形成や将来を見据えた転職が望ましいのは言うまでもありません。
そうした観点で見ると、専門性が高い人材紹介会社でアドバイスやカウンセリングを受けるのは良い方法です。
非公開・未公開案件を確保している点も、転職する際にはポイントの一つかもしれません。

実際に面接やミーティングを行なって、担当コンサルタントの知識や人柄などに疑問や心配な点があれば、
担当者を替えてもらうか、他の紹介会社に相談することが懸命です。
病院には沢山の医者がいますが、症状に合った処方箋を提示してくれる専門医を見つける事が重要であるように、
コンサルタントも全く同じです。

紹介会社はこの10数年で数十倍に増加した一方、紹介会社やコンサルタントの品質低下が顕著な傾向にあります。


Q&A一覧次の質問前に戻る |


 職種別・厳選転職情報の検索
商品開発 メニュー開発 | マーケティング 商品企画企画 販売促進 食品営業バイヤー 購買エリアマネージャーSV店長 マネージャー栄養士 管理栄養士品質管理 品質保証製造生産
技術 設備保守
パティシエ 製菓 ブーランジェ|店舗開発 立地開発洋食調理 フレンチ|病院 学校社員給食 和食デザインSE 設計施工| 講師 教育トレーナー総務 人事 経理管理職 経営幹部