転職成功ガイド/ 商品開発  食品営業 パティシエ メニュー開発  品質管理 管理栄養士 製菓製造 マーケティング バイヤー 店長  菓子 香料 店長 人材紹介会社
フードビジネスサービスINDEX
フード業界求人情報
仕事ガイド 成功者ファイル 会社案内 サイトマップ
Q&A

商品開発 (食品) フードメニュー開発

転職に有利な資格 知識

食品原材料知識  学習基礎(食品学 農学 栄養学 調理学) 調理技術 官能評価 数値管理 製造工程  プレゼン能力  PCスキル(Word Excel PowerPoint 他)


商品開発 メニュー開発 製品開発の仕事と転職条件

食品業界の商品開発・製品研究開発とは、マーケティングからインプットされた商品戦略を基に、具現化してアウトプットする部門です。
食品メーカー 製品、商品開発は商品コンセプトを深く理解し、全く新しい価値感の商品を創造していきます。ブランドマーケティングからプロモーションまでの戦略を理解するバランス感覚とテクニカル能力が要求されます。商品の基盤となる配合を決め、企画部門や製造部門と連携して最終製品にまで仕上げます。
メニュー開発 技術は基よりプレゼン能力、コミュニケーション、購買(バイヤー)、工場や店舗現場への落し込み等、多岐にわたります。料理長や経験ある調理師がメニュー開発で活躍出来る方は少なく、応募しても書類通過は難しく、それだけ重要な仕事と言えます。
流通業界 バイヤーと商品開発は同意語に近くMDグループに所属します。主な業務内容として食材開拓、食品メーカー、製造ベンダーとの交渉、打合せやPB商品育成などが挙げられます。
外食産業の キーワードとしては、オーガニックや低カロリーなど女性視点での《ものづくり》が浮沈を握っています。
研究開発 企業規模が大きくなると研究部門をもち、基礎→応用→開発、試作品の最終評価を行います。研究内容は原料、配合、用途等、特許を含む事もあります。